先輩の進路 Q&A (第3回目 田村 ましろ先輩)

田村 ましろ先輩

撮影:山崎優也さん

Q 1、バレエ 歴を教えて下さい
2歳半からバレエを始めました。一時期親の都合でメキシコに住んでおり、その後日本に帰国した5歳からチコバレエで学び始めました。そして小5の時にまた親の都合でインドネシアに移りました。向こうでもバレエを続けていましたが、コンテンポラリーの楽しさに魅了され、ストリートコンテンポラリーのクラスなども受けていました。中3で帰国し、チコバレエに戻ってきて、さらに高1から加藤みや子先生の元でコンテンポラリーを本格的に学び始め、今に至ります。

Q 2、その中で受験は何回ありましたか?
高校1校と大学1校とP.A.R.T.S.で合計3回ありました。

Q 3、高校と大学(学部も)を教えて下さい。
国際基督教大学高等学校
日本大学芸術学部演劇学科洋舞専攻
P.A.R.T.S.

Q 4、高校受験で大変だった事は?
そもそも出願資格を得るために必要な英語力の精度を上げる(正しい文法やエッセイを書く為の語彙力等)のが自分としては大変でした。また、高校が独特なのもありますが、面接で「自由とは何だと思いますか?」と聞かれ、自分なりの答えをその場で絞り出すのが大変でした。

Q 5、高校受験で合格する為のコツは?
面接での大切な事は、予想外の質問にもしっかりと答えられる臨機応変さと、自分がやってきたことに自信を持って上手にプレゼンすることだと思います。自分がバレエを、たとえ住む場所が変わっても12年間(当時)続けてきたという事は、大きな武器だと考えていました。また、バレエで培った忍耐力、集中力や、膨大な量の課題を出されるインターに通いながらも、ダンスを積極的に学んできたという両立力もアピールしていました。

Q 6、大学受験で大変だった事は?
日藝は、大学が求める人材に自分を合わせていくという過程が、個人的に大変でした。本当に日藝で学びたいと思う事もたくさんあったのですが、途中で「本当にここで良いのか?」「自分に合ったレベルなのか?」と悩んでしまう時もありました。
P.A.R.T.S.はプレッシャーに打ち勝つのが大変でした。日本予選、本選2次、本選3次の全てで、1分間無音でソロを踊るパーソナルワークというものがあったのですが、緊張して予定より早く踊り終わってしまい、即興で繋いだりしていました。特に3次の際は、お題を出され、オーディションの合間を縫って創作し、2日後に発表という時間の制限があったので、メンタル面が大変でした。

Q 7、大学受験で合格する為のコツは?
日藝を受験する時は、大学のことを調べ尽くし、自分の将来の具体的なビジョンにどうやってその大学での学びを繋げるか、細かく説明しました。例えば、日藝には学生が中心となって(照明さんや舞台美術等も)舞台を作り上げる「総合実習」という授業があるのですが、私は将来、コンテンポラリーダンスのカンパニーを作りたいと思っているので、学生主体でカンパニーのように動ける総合実習は、自分にとって理想的であるという事を、プレゼンしました。

P.A.R.T.S.のオーディションに関しては、大きく二つにまとめると、日頃から先生が意図している事を理解してすぐ実践できる様に意識すること、そして審査員の方や一緒に踊る仲間を信じる事だと思います。
初日から強く印象に残っているのは、「私たちは審査のプロです。目立たなくても君たちが見えています」という審査員の方の言葉です。6日間もある長期戦のオーディションならではだとは思いますが、私は、自分の得意な事や個性をアピールする時と、各クラスの先生が求める事に忠実になる(あえて個性を抑えるとも言える)時を、完全に割り切っていました。先程挙げたパーソナルワークや、即興のクラスでは、自分らしさを全面に出して、審査員の方々の印象に残るように努めました。対して、4つあったコンテンポラリーのクラスでは、各先生方の求める重心の使い方、タイミング、手足の位置などに忠実になるよう意識しました。例えば、あるクラスでは「自発的に動かないで、体が重力に引っ張られるままに進んで。踊らないで。」という指示がありました。ここで自分なりに踊り出してしまう人が意外と多く居ましたが、私はあえて本当に重力が連れていってくれるまで動かなかったり、動いても数歩オフバランスでずれるだけ、など、指示に忠実でいようとしました。もちろん、自分の存在感が薄れていないか、気付かれないのでは無いか、など心配になりましたが、「審査員はプロ」という事を思い出して、きっと見てくれていると信じて、地道に動いていました。また、オーディションの一環で、5人グループで2分程、レパートリーを踊ったりもしたのですが、周りに反応して5人が一つのかたまりとして踊れるような、協調性が求められていました。「私はここでもっとキープ出来るけど、周りに合わせて動く」や「ここは皆素早いから自分も早く動けるように練習する」というような、臨機応変な対応が大事だったと思います。

Q 8、あなたの現在の夢は?
大きな夢としてあるのは、コンテンポラリーダンスのカンパニーを設立して、世界規模での芸術活動をすることです。そしてその中で、ダンサーという職業の持続可能性を改善したいです。残念ながら、現在、身体も心も壊しながら、最低賃金を大きく下回る報酬のもと、バイトと両立しながら踊っている人は沢山います。したがって、趣味ではなく職業として、踊れる、作品を創れるような環境を作りたいと考えています。既にいくつかのカンパニーでは、国からの支援もあり、それらが実現している所があります。その為にも、まずNDTやRosasの様な大きなカンパニーで踊り、学ぶこともしたいです。
人生を通して、エンターテインメントとして消費され捨てられるのでは無く、人の心に残る芸術を追求する為に、自分のカンパニーで様々な挑戦をしていきたいです。

Q 9、その為にどんな努力を毎日していますか?
まず自分に必要なのはダンサーとして、創作者としての実力を高める一択なので、毎日のようにあるリハーサルやお稽古に真剣に取り組んでいます。(当たり前?)
また、スタジオにいる人間の中で、自分が一番ジャンプを丁寧に跳び、安定した回転をし、滑らかなフロアワークをしていると言えるくらいのスタンス、この中で私が1番上手!と言える自己愛と自信が生まれるくらい頑張る、という姿勢でいます。(ただし口には出さないのが身のためです)
また、最近は、ダンスから離れた場所で様々なインプットをする様にしています。例えばアバンギャルドな音楽を聴いたり、ベースを弾いたり、色々なジャンルの本を読んだりしています。創作が大きなカギとなるコンテンポラリーをやる為、自分の中に新しい引き出しを作れるようにしています。また、自分の踊りはお堅くて真面目すぎる時があると気付き、本能とは何かという事を考え始め、結果的に1人で水族館に長居をしに行きました。次は釣りに行こうと思っています。

Q 10、後輩へ一言!
たくさんありますが、一言に絞ると、「プロになれる実力が無いことを、バレエから離れる理由にしないで」です。残酷ですが、どんなに踊ることが大好きでも、全員がプロのダンサーに必ずなれるとは言い切れません。ある時点で限界を感じて、バレエから離れてしまう人がほとんどだと思います。しかし、世の中には想像しているより沢山の進路があって、踊る事だけが舞踊を愛する事ではありません。例えば、舞台を支える舞台監督を目指したり、芸術方面に特化した弁護士になったり、ダンサーの体を整えるドクターになったり、選択肢は数えきれない程あります。新しく開拓しても良いと思います。これから進路を考えていく時、芸術方面は稼げないよ、等と言われたりします。でもそれは、そう言っている人の想像力が少し足りていないだけです。正直、お金を稼ぐのはどこに行っても大変な事に変わりは無いと思います。また、仕事で関わらなくても、バレエやコンテンポラリーは舞台芸術なので、観に行って、その特別な空間に浸る事が出来ます。舞台芸術は、ダンサーだけでなく、裏方さんや評論家まで、舞踊が好きな色々な人の力が合わさって続いていきます。なので、皆さんの「バレエが大好き」という気持ちを過去のものにしないで、様々な形でこれからへと繋げてくれたら嬉しいなと思います。

田村ましろ

石塚利菜先輩に高校、大学へのQ&A

 
Q 1、バレエ 歴を教えて下さい
途中の受験でブランクがあったりしましたが、今年の7月で13年です。
Q 2、その中で受験は何回ありましたか?
中学受験、高校受験と大学受験で3回です。
Q 3、高校と大学(学部も)を教えて下さい。
明治学院高等学校、国際基督教大学教養学部です。
Q 4、高校受験で大変だった事は?
毎日することが勉強しかない、という状況に慣れるまでが大変でした。
Q 5、高校受験で合格する為のコツは?
塾の先生たちと二人三脚で最後まで諦めないことです。また塾や学校では勉強をして携帯は使わない、家では宿題しかしない、などメリハリをつけて切り替えることも大切だと思います。
Q 6、大学受験で大変だった事は?
高校のように併願がないため、落ちたら後がないと考えると心配でした。
Q 7、大学受験で合格する為のコツは?
最後まで諦めず自分を信じることです。大学受験は、受験形態、受験勉強の方法、学校の種類もそれまでの受験に比べて圧倒的に多様です。一般入試日程も最大2ヶ月程の差があります。おさえの学校に合格しても気を抜かず自分の第一志望の受験が終わるまで頑張り続けることが大事だと思います。
Q 8、あなたの現在の夢は?
外資の航空会社に就職し、キャビンクルーとして働くことです。
Q 9、その為にどんな努力を毎日していますか?
大学のさまざまな英語プログラムに積極的に参加するようにしています。また、一生同じ職につくということはないので教養学部という強みを最大限に活かし、文理を問わず興味のある分野の講義をたくさんとっていくつもりです。
Q 10、後輩へ一言!
バレエスタジオに通っているとバレリーナにならないのにいつまで続けるんだろう、とかあの子はあんなに頑張ってるのに自分は何してるんだろう、と悩む時があるかもしれません。でも私のようにバレエと全く関係ない夢があるのに続けている人もいます。ただ踊るのが好きで続けたいと思うのなら趣味で続けるという選択肢もあります。バレリーナを育てることだけがバレエスタジオの目的ではないと思います。また、学校の他にコミュニティを持つことはとても大切なので、チコバレエで仲の良い友達・先輩・後輩をぜひたくさん作ってください!辛いことがあったらチコバレエの先生や先輩、仲間に相談することも一つの手です。
 チコバレエで養える集中力、体力、精神力、教養はいつまでも役に立つ人生の宝です。受講できるさまざまなレッスンを自分に合わせて取捨選択して、これからもバレエを楽しみましょう!

櫻田ひかり先輩に高校、大学受験へのQ&A

Q 1、バレエ 歴を教えて下さい
15年です

Q 2、その中で受験は何回ありましたか?
2回です。高校受験と大学受験をしました。

Q 3、高校と大学(学部も)を教えて下さい。
高校は都立駒場高校です。(舞踊とは特に関係のない体育が盛んな進学校でした)大学は日本大学芸術学部洋舞コースです。

Q 4、高校受験で大変だった事は?
バレエ、吹奏楽部、勉強の両立です。私の中学では吹奏楽部が割と強かったため受験期の秋前までバリバリコンクールに出ていました。そのため秋前までは3つの分野の両立でした。塾は中学3年になる春から通い始め、そのタイミングでバレエのレッスンををフリーから週2〜3に減らしまし、秋頃から週一でバレエと塾に通いました。当時は、バレエを完全休止するということが嫌すぎて週一でも通い続けたいと思いレッスンに通っていましたが今考えるとその選択で良かったと思うことが2つあります。
一つは、
周りの子達が勉強だけに集中している中で自分はバレエに時間を割いているという状況があることで「受験の環境としては周りよりもっと頑張らないと同じレベルにいけないんだ」という思いを抱くことができ自分を鼓舞する1つの要因になっていたこともありました。
二つ目は、
バレエスタジオは、受験受験!と勉強のことをずっと考える学校や塾と違い、勉強のことを一旦忘れられリフレッシュできる空間であったため年の違うバレエの仲間たちと話したり一緒にレッスンを受けている時間がとても有意義でした。

受験のために例えば一年丸々レッスンをお休みした場合勉強一筋になると思います。その状況から急に一年後レッスンに復活すると技術的ブランクや体型の崩れ、体重の増加、周りのみんなの成長などにダメージを受け、バレエを続けたいという思いが薄れてしまいそこまで汗水垂らして頑張って続けてきたバレエを受験が原因で辞めてしまうのはとてももったいないと感じています。私は、週一でも定期的にレッスンを受けることでバレエへの意識は途切れないと実感しました。週1.月2(チケット受講可能)などでも定期的にレッスンに通いリフレッシュしながら受験期に当たった時には是非検討してみてください!

Q 5、高校受験で合格する為のコツは?
受験全般言えることですが効率、隙間時間の有効活用です! バレエを週一でも通い続けたいなどと思うのであれば尚更時間の使い方は大切でした。
また、当たり前ですが、模試やテストを受けたら受けっぱなしは全く意味がなかったです。(それをやってしまっていた時期がありましたが本当に成績が停滞しまくりでした)受けただけでは何も身につかないので、自分が間違えたところは「なぜ間違えたのか」を明確にして理解し、少し日にちが経ってからもう一度解き直していました。
『復習は本当に大切でした!』
それのおかげで当日の結果は奇跡的に5科目ほぼ9割でした。

Q 6、大学受験で大変だった事は?
高校受験とあまり変わりませんが、勉強とレッスンの両立です。大学は日芸を目指したので学力試験と舞踊の実技試験もどちらもある為どちらも同じぐらいの力量で取り組まなければいけないのが大変でした。コロナで緊急事態宣言になっていたときはオンラインのチコバレエレッスンまでの時間はとにかく勉強していました。自粛期間により学校への登校やスタジオに行くなどの移動がなく家にいる時間がいつもより多いのを、ポジティブに捉えて、「勉強できる時間が増えた!」と考えていました。その時期は1日10時間くらい勉強していました。そのおかげで自粛が明けた後、発表会練習が始まっても練習を休まず受験期間を過ごすことができました。受験生であるにも関わらず発表会に出ることを許可してくださった先生や親には本当に感謝しております。
とにかく大学受験は時間との戦いでした!

Q 7、大学受験で合格する為のコツは?
隙間時間の活用、とにかく『自主勉強、SNS辞める』です。
私は受験期に入ってYouTubeとInstagramをやめてLINEも先生やクラスLINEなど必要最低限の連絡以外伏せました。SNSに使っている時間ほど受験に必要ない時間はないと思っていたのでそこは徹底していました。
隙間時間に関しては、塾の先生に「スマホの代わりに単語帳」と言われていたのでどんなに急いでいても片手に単語帳を持っていました笑。電車の中は当たり前ですが、横断歩道を待っている時や駅のホームでも常に何かの単語帳を持って知識を入れるようにしていました。
自主勉強は本当に本当に大切でした。高校受験に関して復習が大切と言っていましたが、あれも自主勉強の一環なので自主勉強の大切さは高校受験も大学受験も同じです。授業を受けただけでは、分かった感じがするだけで実際身に付いてはいないと感じました。授業を受けた後それを自分なりに噛み砕いてノートにまとめて、自分のための参考書みたいなものを作っていました。
これらの色々が積み重なって、共通テストでは国語が奇跡的に満点でした!

Q 8、あなたの現在の夢は?
劇団四季に入ってcats、オペラ座の怪人の舞台に立つことです!

Q 9、その為にどんな努力を毎日していますか?
毎日やることリストを作っているので、それを達成させるようにしています。時間は有限なので、なんとなく生きる1日というのを作らないように、毎日が意志のある1日になるよう心がけています。

Q 10、後輩へ一言!
終わりのない戦いではなく、受験は必ず終わりがあります!辛いことも沢山あると思いますが、「これも今踏ん張れば終わりがあるんだ」と言い聞かせて頑張ってください!応援してます!
バレエも勉強も頑張りましょう!

12/25クリスマス会&クリス先生有難う会

リトルチコバレエ団改名され 【CrazyBalletAcademy】クレイジーバレエアカデミーにバージョンアップした様です。
どうぞクレイジーなダンスをお楽しみ下さい♪

キャッツ版おめでとうダンス

チコ先生、理事お誕生日おめでとうダンスのプレゼントを頂きました💃🐈そしてキャッツ版のクールなTシャツに可愛いお花まで💐有難うございました。

 

JA

 

ET

NHK特番(LCBA版)プロフェッショナル仕事の流儀 『大手可奈の半生』

『踊りに人生を賭けた女性 大手可奈 』

チコバレエアカデミー  のキャッツ達

ネコプロダクツ 7匹の猫達の戦い

トイレットペーパーリレーダンス

エトワールクラスのリトルチコバレエ団のお姉さん達のダンスです。トイレットペーパーリレー、サプライズで用意してくれました!

↓コロナ自粛中に世界中にいるエトワールの姉達がこの中で集結してトイレットペーパーリレーダンスを作成してくれました。

 

サプライズバースデーダンス

↓クリス先生へのサプライズバースデーダンス

サザエさんバージョン

↓サザエさん(ゆきな先輩へのお誕生日ダンス)

海兵たち

↓海兵たち(理事への誕生日ダンス)

パラパラダンス

↓またまた理事&先生へバースデーパラパラダンス

↓理事&先生へのバースデーダンス